《黙示録、シェオルドレッド》スタンで活躍を見込めそう・パイオニアでもチャンスがありそう

今回は「団結のドミナリア」でも話題性が高く、スタンでの有用性が話題のカード《黙示録、シェオルドレッド》について。

由緒あるファイレクシア法務官、よく見かけるカードになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

スタンダードの黒系ミッドレンジならば採用しやすい

黙示録、シェオルドレッド

《黙示録、シェオルドレッド/Sheoldred, the Apocalypse》

接死をもつ4マナ4/5と恵まれた体格を持つクリーチャー。以前のカードには付いていた沼渡りは忘れてしまったようです、今のスタンで土地渡りはちょっとレアケースですしねぇ。

これだけだと普通なのですがやはりこのカードの能力が地味ながらかなり効く能力となっています。

1つは自分がドローするたびに2点ライフゲイン

ライフと引き換えにドローができる各種カードが多い黒においてはライフリソースを守ってくれます。

《絶望招来》などが決まるとかなり気持ちよさそうです。

また黒赤では「血トークン」のルーティングでも誘発したり、「謀議」能力でも誘発するのでお世話になる事は結構多いのでは。

2つ目は対戦相手がドローするとライフ2点ルーズ

もう1つの能力は自分のドローと逆に対戦相手のドローによりライフルーズ。

通常のドローによっても反応するので「シェオルドレッド」を置いてターンを渡すだけで2点ルーズを狙いやすいです。

維持できて膠着しようものならかなりの自分はライフゲイン、相手はライフルーズによってダメージレースが破壊されそうです、「シェオルドレッド」で攻撃も通るならばGGとなりそうですな。

この能力はEDHでも中々に強そうです、ドローを多用・枚数も多いフォーマットでこのカードは非常に高いヘイトを稼ぎそうですが…

パイオニアで検討してみるのも良さそう

ゲトの裏切り者、カリタス

スタンダードでは黒系デッキが存在するならばほぼ採用されそうなカードですが下ではどうでしょう?

モダンでは流石に4マナからシステムを置くのは遅いですが、パイオニアならば有用そうに思えます。

パイオニアでは【黒赤】ならば《ゲトの裏切り者、カリタス》と枠を争う形になりますね、「血トークン」を使ってライフゲインができそうです。

パイオニアのフェアデッキにおいて4マナ域のカードは花形でこのカードはその位置についても良さそうね感じに見受けられます、ライバルはやはり上記している「カリタス」でしょうかねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました