モダン【リアル親和】使ってみました|感想と調整へ

スポンサーリンク

モダホラ2から出てきた新たな親和カードが入った親和。【Real Affinity】と金魚で命名されていたので【リアル親和】とでも呼ばせて頂きます。

モダンで追いかけている【親和】の新たな形、この間プレイする機会があったので早速回してきました。

スポンサーリンク

レシピ・主要のみの大体な感じで歯抜けあります

土地
4 青白ファクト土地
3 墨蛾の生息地
3 空僻地
4 ダークスティールの城塞
スペル
4 ミシュラのガラクタ
4 頭蓋囲い
2 イラクサ嚢胞
4 金属の叱責
4 バネ葉の太鼓
2 溶接の壺
クリーチャー
4 滞留者の相棒
4 思考の監視者
4 メムナイト
4 羽ばたき飛行機械
2 刻まれた勇者
4 金属ガエル
サイドボード
構築してない(震え)

新旧・親和持ち達とタップインファクト土地の印象

《滞留者の相棒》は悪くはないけれど、決定力不足が否めない感じでしたね。0マナで出てきても今のモダンでは厳しかったです。0マナで出すのも中々苦労します。

またタップインアーティファクト土地が速度的にチグハグになりがち。《滞留者の相棒》や《マイアの処罰者》を搭載していくなら必要さはありましたが、私の好みとしてはもう少し軸をずらす方針になりそうです。

ただ親和の中でも《思考の監視者》はズバ抜けて強かったですね。このカードはこれからの【親和】を定義しかねないレベルでした。

それと《金属ガエル》これくらいの親和持ちなら扱いやすかったですよー!

デッキの調整・方針をずらす

土地

土地ですがやはり《空僻地》と《産業の塔》による色ガバは健在でしたね。タップイン2色ファクト土地は破壊不能が嬉しいのですがテンポがどうしても気になったので減らすor抜く方向になりそうです。

流石に《オパールのモックス》健在時ほどは無理ですがある程度の色マナは許容範囲内って感じでした。

《墨蛾の生息地》が勝ち筋の1つに充分なり得えるので4枚にしても良さそうです。

それと《ウルザの物語》怖くて購入できませぇぇん!!

クリーチャー

そして《滞留者の相棒》などの重め親和が抜け残すのは《思考の監視者》4枚と《金属ガエル》が2枚。

私の大好きな《刻まれた勇者》が2枚から3枚に増量し相手次第では気にせず殴り抜けるプランに。

そして勇者をパワーアップさせる定番カード《鋼の監視者》も搭載。残ればエラい事になるのは実証済み。また1マナ枠にモダホラ新戦力の《エスパーの歩哨》があっても良いなと思いました。

それと《電結の荒廃者》もパワカとして採用しても良さそう。それと《エーテリウムの達人》も良さそうな感じがしますね。

他にも鉄板である《大霊堂のスカージ》や《信号の邪魔者》など色々ありますね。枠が爆発していまいます。

アーティファクト・スペル

0マナファクトでは《溶接の壺》がMVPでしたね。そして《物読み》も投入しようかと、とにかく手札が欲しいです。

ビートダウンとして真っ直ぐなのでメインから《感電破》がとても相性が良さそうです。《金属の叱責》や《急送》といった妨害はサイドからで良いかも?

そしてマナ基盤を支える《バネ葉の太鼓》ですね。《極楽のマントル》を採用しているデッキもあるので試してみたい所。

ニューフェイスとしては《イラクサ嚢胞》ちょっと重いですが生体武器のおかげでかなり便利でしたね。即生物として戦力になってくれるのは非常に助かりました。

力こそパワーと思いきや別の角度から攻めたり守ったりするのが親和の面白いところですね。

今の親和はかなり構築する人の好みや思考が出るデッキになっているのでメチャ構築楽しいですよ!

各種ファクトメタがぶっ刺さるので流行すると怖いですけどねw

管理人
管理人

オパモ禁止でもう無理かと思いきや鱗が出たり親和入りが出てきたり!茶単に栄光あれぇぇ!

スポンサーリンク
カード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました