【モダン】本格的に頭角を現してきた《敏捷なこそ泥、ラガバン》

発売当初辺りは強いけどモダンの多種多様な除去に引っかかりまくるので少し抑えめの評価だった《敏捷なこそ泥、ラガバン》レガシーでは早々に結果を残していましたが、現在ではモダンでも猛威を振るいだしました。

採用されているフォーマットはモダン・レガシー・ヴィンテージ・EDHと多岐に渡ります、下に行く程強いデザインですしねぇ。

様々なアーキタイプに採用され、色んな除去に引っかかるけどマスト除去であるという事でしたねぇ。

お値段もリリース直後から下降していましたが今はまた値段が戻っていますね、いやそれ以上ですかね、これは禁止候補と言われている《ウルザの物語》も同じです。

スポンサーリンク

採用されているアーキタイプ【赤青】【黒赤ビート】【赤単】

上記の各種アーキタイプで採用されています。それぞれ採用枚数は3~4枚、レジェンダリーながら場持ちは期待できないので多めの採用となっていますね。

特に【赤青】では【カウンターモンキー】というアーキタイプ名で呼ばれていたりもします。

基本戦術は以前紹介した【赤青デルバー】から《秘密を掘り下げる者》が抜けた形が主流です、デルバーが抜けた所に《戦慄衆の秘儀術師》などが採用されています。

【黒赤】では《死の飢えのタイタン、クロクサ》と併用、他は《僧院の速槍》や《ドラゴンの怒りの媒介者》といった軽量クリーチャーとハンデス・バーンと軽量カードで固められています。

何気にコイツも相当ヤバいですね《ミシュラのガラクタ》とはずっと友達でいそう

【赤単】では流石の完璧に近い噛合いですね、マスト除去を叩きつけながらガシガシビートしていきます、1マナパワー2の時点で強いっす。

【赤単】については構築が結構面白い事になっているので後日別途記事にしてみる予定です。

また他には【ジェスカイ石鍛冶】にも採用されていたりと本当に色んな所に居るカードになりそうですね、今のお値段で揃えるのはかなり大変です、霊気紛争のラガバントークンをプロキシでいいですかね(白目)

なんやかんやで全てのリーガルフォーマットのデッキにすっかり入り込んだラガバンの今後の動向は要注目ですね。

スポンサーリンク
MTGカード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました