PR

「HG ティフォエウスガンダム・キメラ」レビュー・製作サイト紹介

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

主な製品仕様

2023年10月6日より、いよいよ配信開始!「ガンダムビルドシリーズ」10周年記念映像『ガンダムビルドメタバース』より、大型機体「ティフォエウスガンダム・キメラ」が登場!
■全高約257mmの大型機体。
■外装を外せば「ティフォエウスガンダム」状態も再現可能。
■MA形態を再現可能。ディスプレイ台座が付属し浮遊状態でのディスプレイができる。
■リフレクタービット用のディスプレイ台座が付属し、リフレクタービットを接続可能。
■脚部ユニット、腕部の射出状態を再現するためのジョイントパーツと2種のリード線が付属。脚部ユニット用のリード線は大型ユニットをつなぐための5本接着タイプ。

【付属品】
■ビームライフル×1
■滑腔砲×2
■リフレクタービット(収納状態)×5
■リフレクタービット(展開状態)×5
■リフレクタービット用ディスプレイ台座×1式
■ジョイントパーツ×1式
■リード線×2
■リード線(5本接着タイプ)×2
■ディプレイ台座×1

価格8,800円(税10%込)
発売日2023年12月16日
対象年齢8才以上

全高は26センチ弱とかなりの大型キット、年末年始に腰を据えて作るのにいいキットですねぇ。

外装を付けていない状態の素のティフォエウスガンダムの状態にする事もできます、このキットを買ったら大体外装を付けた「キメラ」状態で飾るとは思われますが…しかしこの素体を利用した別バリエーションキットが展開されるかもしれませんね。

かなり形が変わっていますが「HG ラフェエル・ガンダム」がベースとなっている様ですね。

MA形態、サイコガンダム系らしくしっかりと変形機構が備わっています。

リフレクタービット展開もでき、ビットを支える台座が付いてきます。

これほど豪華な構成な大型キットながらも定価8800円と最近の物価高騰傾向にしては安めですかね、バリューが高いです。

また腕部ランナーが同デザインの「サイコガンダムMk-Ⅱ」となっていた事も話題になりましたね。

ランナーレビュー

HG 1/144 ティフォエウスガンダム・キメラ (ガンダムビルドメタバース) ランナー紹介 | KenBill Blog
HG 1/144 ティフォエウスガンダム・キメラのサンプルランナー紹介です
でけぇしランナーたっぷりだしサイコMK-IIだしとサプライズたっぷりのキット! さすがビルドメタバース、ビルド作品はガンプラ的にワクワクさせるサプライズに満ちていますね……! この記事ではランナーを紹介しています このキットはバンダイ様から

いやぁ、やはりランナー数も多いですねぇ。

組み立てレビュー

HG ティフォエウスガンダム・キメラ レビューその1 (ティフォエウスガンダム編)
>ガンダムビルドメタバースよりHG ティフォエウスガンダム・キメラのガンプラレビューです。今回はレビューその1(ティフォエウスガンダム編)となります
HG ティフォエウスガンダム・キメラ レビュー | ガンダムブログはじめました
今回は、HG 1/144 ティフォエウスガンダム・キメラのレビューをご紹介します! HG ティフォエウスガンダム・キメラは、『ガンダムビルドシリーズ』10周年記念映像『ガンダムビルドメタバース』に登場するガンプラ『ティフォエウスガンダム・キメラ』の1/144スケールモデルキットです。全高約257mmの大型機体を新規パー...

スポンサーリンク
ガンプラレビュー
スポンサーリンク
どんべえをフォローする
ガンプラビルドナビ

コメント