《食肉鉤虐殺事件》スタンダードで多様性を狭める要因にもなっている?

アリーナ以外で紙でもスタンダード復帰した僕です。

お題とするカードは《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》なんとも危険な感じがするカード名ですねぇ。

パイオニアの赤黒があったのでそちらをスタン仕様に換装しました、シェオルドレッドや今回のお題である《食肉鉤虐殺事件》は高くて手が届きません(汗)

そしてこの《食肉鉤虐殺事件》は現在のスタンダードメタゲームの多様性を狭くしているのではないか?という疑問が出てきたのでそこについて。

追記:2022/10月の禁止改訂によってスタンダードにて禁止カードとして指定されました。

スポンサーリンク

アグロは厳しい・青混ぜないとかなり苦しい

食肉鉤虐殺事件

《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》

(X)(黒)(黒)

伝説のエンチャント
食肉鉤虐殺事件が戦場に出たとき、ターン終了時まで、すべてのクリーチャーは-X/-Xの修整を受ける。
あなたがコントロールしているクリーチャー1体が死亡するたび、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失う。
対戦相手がコントロールしているクリーチャー1体が死亡するたび、あなたは1点のライフを得る。

「イニストラード 真夜中の狩り」で絶賛トップレアのエンチャント。

Xマナで全体マイナスX修正と言う分かりやすい能力、エンチャントなので場に残り、クリーチャーの死亡をトリガーにコントローラーによってライフルーズ・ゲインを行えます。

黙示録、シェオルドレッド

このライフ計算が結構重要になったりもします、今だと《黙示録、シェオルドレッド》が存在するので尚更ライフはシビアです。

黒系デッキで高い採用率を誇っています、大きなトーナメントで黒系だとかなりの採用率。

僕個人の懸念として、このカードがあるのでアグロ系がかなり厳しい立ち位置に居るという事です。

基本的に現環境(MID-DMU)期においてメインのアーキタイプとなるのはほぼミッドレンジといった状態です。

赤単といった生粋のアグロ系は完全に沈黙している形ですね。環境初期は多少見受けられましたがメタが進むにつれ見かけなくなっていきました。

白単は伝統の白ウィニーではなくミッドレンジに寄せて存在しています。

アグロ系統は【緑白エンチャント】が残っている

気前のいい訪問者

アグロ系の中で存在があるのは【緑白エンチャント】でしょうか、クリーチャーは小型ですが+1カウンターを乗せる手段が豊富なので育成が間に合えばなんとか乗り切れそうですね。

この【緑白エンチャント】ですが僕が次にスタンで組もうと思い、仮想敵を考えると出てきたのが《食肉鉤虐殺事件》でこの記事を書くキッカケとなった訳です。

シーサー
シーサー

多様性を狭めている…という点においては禁止のリスクが1番高いカードかなぁって思っています、生粋のアグロは本当に無理無理ですからねぇ。対象を取らないマイナス修正による除去で躱しづらいのもかなり大きなポイント。

スポンサーリンク
MTGMTGメタゲーム
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました