『イニストラード真夜中の狩り』個人的注目カード・フォーマット問わず

『イニストラード真夜中の狩り』アリーナでも実装され、ローテーションが行われ新たなるスタンダードが始まりますね!期待してるので新環境はとてもたのしみです。

そんな『真夜中の狩り』から個人的に気になるカードをピックアップしていこうと思います。スタンのみならず色んなフォーマットで考えていきますよー!

スポンサーリンク

秋セットなのでスタンで2年使えるのでベースとなるセット

最近のドラゴンは本当に強いですね、このカードは《黄金架のドラゴン》の様に単体で機能しないですが2色以上のスペルを唱えてからが本番、イゼットカラーと相性が良さそうで《表現の反復》とか唱えるとアドアドしい事になりそうですな、本体もシングルシンボルの4/4/4フライングとクセが無いのもGOOD!

スタンダードの【赤青ドラゴン】に新しい旋風を引き起こせるか?他に採用デッキが出てくるか楽しみなところでありますね。

下環境だと《ニヴ=ミゼット再誕》を唱えると5ドローですね、これはとても面白そうです。ちと条件が色々重たいですが(汗)

死亡するとエニタゲで自分パーマネントの色数分バーンが飛びます、期待値としては2~3って所ですかねぇ。小型クリーチャーを焼いたり、相手のライフを詰めたりとそこそこな能力。

ストーリー的にも非常に気になるカード。前回の『イニストラードを覆う影』で登場した《石の宣告》を彷彿とさせるデザインですね、今回もソリンが焦ってる場面となっています。

対象のコントローラーは調査を行います、調査自体が強めなギミックなので《石の宣告》の時もデメリットとしては中々でした、自分のクリーチャーを対象にして調査する荒業も存在しました。

《石の宣告》は同名を巻き込める上に追放でしたが《運命的不在》はインスタントかつプレインズウォーカーを対象にする事ができ、互換カードとしては上々な呪文かと思われます。

アリーナで使うとやはり相手に調査を与えるのが地味にキツいです、しかし白単や白が濃いデッキではしばらく、長いと2年間お世話になるレベルの除去呪文ではありますね。

パイオニア辺りでも通用しそうな気配がしますねぇ。

エンチャントがテーマであった『テーロス還魂記』がローテ落ちして登場となるフラッシュバック付きのドローソース。

クリーチャー・エンチャントが戦場に出るたび1ドロー、スタンではどうでしょうかねぇ。トークンにも反応するのでその辺りととても相性が良さそうです。何気にインスタント。

マナの余裕的にもトークンを生成してくれる置物あたりと組み合わすと上手く活用できそうですね。

同セットから見えてる相性が良さそうなのが《踊りへの参加》でしょうか同じくセレズニアカラーでトークンを2体生成してくれます。こちらもフラッシュバック付き。出てくるトークンが人間なので色々用途がありそうですね。

少し話が逸れましたがモダンの【エンチャントレス】においてはとても強力そうに見えます。《聖域の織り手》から大量にマナを出し《収穫の手、サイシス》のドローとも組み合わす事で手札増強力がとんでもない事になりそう。

《教区の勇者》をそのままゾンビ版にしたカード。そのままシンプルですが故に強そう《教区の勇者》がモダンの【人間】で活躍していて実績があるのも加点ポイントですな。

《よろめく怪異》という神コモンゾンビも居るので黒の1マナ粋ゾンビは非常に充実していると言えます。

また青黒にはパワーのみですがロードが存在するので【ゾンビ】を成立させる事も無理ではなさそうですねぇ。

本場モダン・パイオニアの【ゾンビ】デッキを作る際に重要なクリーチャーになりそうです。《墓所這い》との相性の良さは特筆するものがありますね。

ファストランドの逆バージョンとも言える今回のレア2色土地サイクル。ファストランドと参照数が違いこちらは2枚になっております。

初手に固め引きするとタップイン地獄になりますが、その辺は流石に運が無かったと…2枚土地をコントロールしていればアンタップインなので有用そうな土地に見えますね。

平地→両面土地→このサイクルといった感じに置けると良さそう。使う色が決まれば4枚揃えたいですね。

下環境は速さ重視でファストランドの方が重宝されそうです。パイオニア辺りで少数採用されるかも?

スポンサーリンク
MTGカード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました