『真紅の契り』注目カード《船砕きの怪物》・《潮吹きの暴君》の再来か

『真紅の契り』で今個人的にとても気になっているカード《船砕きの怪物》についてのお話です。

注目度の高いカードでレアのファッティながら予約時点で結構なお値段がついていますねぇ。

レアで複数枚使わないのでしばらく待つと下がるかもですね。

スポンサーリンク

《船砕きの怪物》その正体は…?

まずはこのカードの背景にまつわるお話でも、このクリーチャーには見覚えがある…!

イニストラードで「クラーケン・ホラー」というクリーチャータイプに7/8のPT…

あくまで推測の域ですがおそらくこのクリーチャーは前回の訪問時に収録された《氷の中の存在》の代面である《目覚めた恐怖》だと思われます。

能力もバウンスに関連していますしね、生きとったんかワレェ!!しかし元気そうでなによりです。

また「テーロス」次元の《船壊しのクラーケン》にもよく似ています、別次元ながら親しい存在なのでしょうかねぇ。

能力をみていこう

7マナの打ち消されない瞬速を持つクリーチャー、サイズも7/8とフィニッシャーとして十分ですな。

自分が呪文を唱えると2つのモードがある能力が誘発します。

  • あなたがコントロールしていない呪文をオーナーの手札に戻す。
  • 土地以外のパーマネントをオーナーの手札に戻す。

一応解説としてスタックに乗っている呪文はバウンスなどでスタック領域から離れると解決されません。

自分のスペルキャストにより呪文・盤面両方にバウンスで触れるカードですね、軽量インスタントを構えてニヤニヤしたさがあります。

打ち消されないのでコントロール合戦でも強く出れるのが魅力的ですねぇ。

以前のよく似た能力のクリーチャー《潮吹きの暴君》こちらは呪文は戻せませんが土地も戻せますね。瞬速が無い代わりに飛行持ち、マナ拘束が強く1マナ重いですが…

EDHでコンボ要員・妨害に役立ちそう

私はスタンではあまりコントロール系は握らないのですがこのカードに注目する理由は「EDHで使えそうだから」コレですね。

《潮吹きの暴君》がコンボ要員として使われているのでこのカードでも同じ様な事ができますね、0マナパーマネントを無限出し入れができ、各モックスならば無限マナも可能ですね。

それ以外でも呪文・パーマネント対策ができるので青の統率者に1枚欲しいなぁって感じです。

パッと見た時は安く買えそうと思っていましたスタンダードで青系コントロールで使われているのでお高いですね、もうちょっと待って値動きを見てから購入しようと思っています。

スポンサーリンク
MTGカード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました