『イニストラード真夜中の狩り』《秘密を掘り下げる者》が再録|スタンに一石を投じられるか

『イニストラード真夜中の狩り』プレビューでまさかの《秘密を掘り下げる者》こと「デルバー」が再録。

前回の『イニストラードを覆う影』では《逸脱した研究者》『異界月』では《完成態の講師》と続きがありまして、今回も「デルバー」関連枠に期待しておりましたが、まさかの《秘密を掘り下げる者》自体の再録。

これは意外…いやパイオニアやヒストリックで使えるので全然ウェルカム!!

スポンサーリンク

スタンダードで今回も猛威を振るえるか

『イニストラード』スタンダードでは変身を大きく手助けしてくれる《思案》に加え《瞬唱の魔道士》《ルーン唱えの長槍》といったパワフルなカードがあり【デルバーブレード】として大活躍。

今回も大活躍となるでしょうか?

『ゼンディカーの夜明け』での呪文/土地の両面カードが役に立つかも

スペルカウントとして「ZNR」の両面カード達は悪くなさそうです。ただし変身を手助けできて土地にもなりますがタップインなのでテンポ重視になる傾向がある「デルバー」採用デッキではテンポロスが気になりますね…神話レアサイクルの方はアンタップインもできますが。

今回の変身手助けカードは《考慮》でしょうか、モダンの《血清の幻視》ほどのパワーではなくトップ操作によって変身を助長する裏口入学の可能性も高めではありませんが(汗)

まぁ流石に前回のように《思案》やモダンの《血清の幻視》レベルは流石にヤバいですかね。真夜中の狩りは2年使用できるので後発のカードにも注視していきたい所です。

「デルバー」を伝統的なイゼット(赤青)で組むのであれば《火遊び》による占術はとても大きい意味を持つことになりそうです。また《火遊び》は簡単にデルバーを除去できる手段にもなっていますね。

スタンダードに再臨したデルバーがまた猛威を振るうかは未知数ですが実績があるカードなのは確かです。メタゲームに食い込めないとしてもカジュアルで遊ぶのも面白そうですし、好きだから使う人も一定数居そうな気配がしますね。

個人的に1番大きいのは『パイオニア』『ヒストリック』にてリーガルになる事

紙で「パイオニア」を遊んでる身としてはパイオニアでもデルバーが使えるようになる!コレですね。めちゃくちゃ楽しみであったりします。

同時にヒストリックでも使用可能となります、相性バツグンな《渦まく知識》が現在使用停止ですがこれは戻ってこれそうにないかもしれませんね(汗)

スタンでは同居できなかった《スプライトのドラゴン》とのランデブーは気持ちよさそうですねぇ!

パイオニア仕様の【デルバー】が誕生したりすると思うとワクワクしますぜ。

スポンサーリンク
MTGカード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました