ピックアップカード《しつこい負け犬》墓地から帰ってきてはドローできる|MTG

今回のピックアップカードは『ニューカペナの街角』から《しつこい負け犬》です。

「奇襲」で墓地から帰ってきては1ドローさせてくれるいい人。

主にスタンダードにて活躍中ですね、パイオニアとかでも使えそうかなと個人的に思っていたりします。

スポンサーリンク

《しつこい負け犬/Tenacious Underdog》

クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)(1)(黒)
奇襲 ― (2)(黒)(黒),2点のライフを支払う(あなたがこの呪文を奇襲コストで唱えたなら、これは速攻と「このクリーチャーが死亡したとき、カード1枚を引く。」を得る。次の終了ステップの開始時に、これを生け贄に捧げる。)
あなたは、あなたの墓地にあるしつこい負け犬をこれの奇襲能力で唱えてもよい。
3/2

墓地からも「奇襲」能力で唱えれるクリーチャー。

奇襲コストは4マナとライフ2点と結構重め、手札から普通に使う分には2マナ3/2と頼りになるPTを持っています。

それでもこのカードはやはり「奇襲」での活用ですね、コストは重めですが墓地から3/2が速攻を持って殴りかかっていけるのは頼りになります。

先制攻撃を持っているパワー2の《スレイベンの守護者、サリア》などにアッサリ返り討ちにされちゃいますが、そうなっても1ドローは貰えますし中盤余ったマナをリソースに変換できるのは重要な役割かと。

スタンダードでは【エスパーミッドレンジ】【ジャンドミッドレンジ】【黒赤アーティファクト】など黒が入った中速デッキにてよく採用されています。

また「人間」「戦士」とカードタイプに恵まれていますね、かと言ってこれらのタイプを有効活用できるかはちと怪しいですが…パイオニアの【人間】デッキとかならもしかして?くらいですかね。

スポンサーリンク
MTGカード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
TCGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました