《辺境地の罠外し》便利な置物破壊クリーチャー

スポンサーリンク

ここ昨今モダンなどでもアーキタイプによって見かける事となっているアーティファクト・エンチャント破壊ができるクリーチャー《辺境地の罠外し》にフィーチャー。

イニストラード真夜中の狩りでも優秀なアンコモンですね。

スポンサーリンク

辺境地の罠外し/Outland Liberator

Outland Liberator / 辺境地の罠外し (1)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 狼男(Werewolf)
(1),辺境地の罠外しを生け贄に捧げる:アーティファクトやエンチャントのうち1つを対象とする。それを破壊する。
日暮(プレイヤーが自分のターンに呪文を唱えなかったなら、次のターンに夜になる。)
2/2

Frenzied Trapbreaker / 激情の罠破り
〔緑〕 クリーチャー — 狼男(Werewolf)
(1),激情の罠破りを生け贄に捧げる:アーティファクトやエンチャントのうち1つを対象とする。それを破壊する。
激情の罠破りが攻撃するたび、アーティファクトやエンチャントのうち防御プレイヤーがコントロールしている1つを対象とする。それを破壊する。
夜明(プレイヤーが自分のターンに2つ以上の呪文を唱えたなら、次のターンに昼になる。)
3/3

2マナで2/2という見事な熊。

1マナ支払いと自身をサクリファイスする事でアーティファクト・エンチャントを破壊する能力。

狼男なので新しく制定された日暮・夜明のシステムを持つクリーチャーです。

第2面になると攻撃する度に置物破壊を行えるようになります。PTも3/3にパワーアップ。

スタンダードでは新たな《打ち壊すブロントドン》として【緑単】のサイドで活躍しています。

パイオニアでは【ジャンドサクリファイス】にてサイドにて採用されています。

モダンでは【ヨーグモス】にてシルバーバレット要員としてサイドのみならずメインから採用される事も【ヨーグモス】は置物によるメタが刺さりやすいのでこういった置物破壊カードを採用しておきたいですね。

下環境では同じく置物破壊であれば累計コストが同じになる《再利用の賢者》があり、あちらはETBにての破壊となり、生け贄に捧げる必要がありません。

ただ《辺境地の罠外し》は場に残った場合の戦力として上を目指す事ができ部分で差別化、日暮によって変身した場合には非常に頼りになってくれるでしょう。

EDHとかでも面白そうですね、お安いし持っておいて損の無い良カードですね。

スポンサーリンク
カード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
MTGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました