《帳簿裂き》紹介と少考察ニューカペナの大出世カード|MTG

ニューカペナの街角ですが発売前は《敵対するもの、オブ・ニクシリス》が飛び抜けて高く他は「トライオーム」サイクルの土地が少し高いだけでしたが、発売後から《策謀の予見者、ラフィーン》が値上がり、次は《帳簿裂き》が高騰しました。

今回はその《帳簿裂き》についての紹介と個人的感想です。

スポンサーリンク

《帳簿裂き/Ledger Shredder》

クリーチャー — 鳥(Bird) アドバイザー(Advisor)
飛行
プレイヤー1人が各ターンの自分の2つ目の呪文を唱えるたび、帳簿裂きは謀議する。(カード1枚を引き、その後カード1枚を捨てる。あなたが土地でないカードを捨てたなら、このクリーチャーの上に+1/+1カウンター1個を置く。)

1/3

実際に使ってみると強かったメカニズムであるキーワード能力「謀議」を持つクリーチャー。

「謀議」は「ラフィーン」で使ってみましたがいや便利ですねぇ、コレ。

《帳簿裂き》の「謀議」誘発条件はプレイヤーが2つ目の呪文を唱えると誘発。

相手の呪文でも誘発するのがイイ所ですね。

+1カウンターも1度置けばタフ4になるので3点ダメージの《稲妻》圏外へ。

更に「謀議」を重ねていくと中々のボディに鍛え上げる事ができます。

EDHで便利そうなのは頷ける

スタンやパイオニアでも強そうですがEDHでも非常に便利そうですね。

相手が複数居る都合上「謀議」の誘発を多く見込めそうです、他にも「謀議」を持つクリーチャー、それこそ《策謀の予見者、ラフィーン》をコマンダーにしたりするのも面白そうです。

実際EDHでも色んな青絡みデッキで採用されていますね。

墓地活用する場合では勿論それ以外でもルーティングは非常に有用そうです、EDHするなら1枚持っておいても良さそうなカードですな。

僕もEDHでこれは良さそうだと思っています。

スタンで【青白黒】パイオニアでの【機体】レガシーの【デルバー】で採用経験アリ

下でもちょいちょい見かける

使われているデッキとしては各フォーマットに存在します。

お試し中的な印象は拭えませんがそれでも下である程度結果を出していますね、今後どうなっていくかですねぇ。

スタンではエスパーカラーのデッキで《策謀の予見者、ラフィーン》と共に活躍中。

今後他のデッキでも使われだすかも。

パイオニアでは【エスパー機体】や【赤青果敢】にてちょくちょく使われています。

レガシーでは【デルバー】系統のデッキで少しだけ見かけます。

モダンにおいては居場所を見つけられていない感じですね、悪くはないけど入るアーキタイプが無いといった所でしょうか。

下でも便利ですが速度面が少し気になるかな?とは思います、パイオニアまでなら全然使えそうだとは思えますけれどね。

とりあえずEDHでいい仕事してくれそうなので1枚は確保しようと思えるカードですね。

スポンサーリンク
MTGカード
スポンサーリンク
シーサーをフォローする
TCGちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました